インターネットで『車買取相場表』が
一覧で見れたらイイのになぁ
と思いませんか?

良い車買取相場表が見つからず
私もずっと探していたのですが、

ついに!『車買取相場表』
見つけました!

国産車、輸入車、共に
ほとんどの車種に対応している
車買取相場表で、
最新の買取価格相場が
車種別でわかっちゃいます。

「今乗っている車はいくらで売れるのか?」

「できるだけ高く売って新しい車の資金にしたい!」

どんな車に乗っていても
車を乗りかえる時には
こんなふうにみんな考えますよね?

車の買取価格って
走行距離や状態によって
大きく価格差がでることもあるので
わかりにくいです。

さらに
買い取るお店によって
金額が大きく違います。

今回は
車を高く売るコツ
も教えちゃいますよ〜!

車買取相場表 探す

 

最新の車買取相場表はどこにある?

それでは
車の車買取相場表が
一覧表で見れちゃうサイト

車選び.comの一括査定 – www.kurumaerabi.com/kaitori/

をご紹介していきます。

まずは上記のリンクから
トップページへ行きましょう。

車買取相場表 画面1

引用元:車選び.comの一括査定

 

トップページが表示されたら
下の方へスクロールさせます。

すると、

『車選び.comの一括査定が選ばれる3つの理由』というタイトルが出てきます。

そのなかの『ポイント3
のところまでスクロールさせましょう。

ポイント3の中に

『車買取相場』

という青い文字が
表示されていますので
タップしてリンク先へ進みます。

車買取相場表 画面2

引用元:車選び.comの一括査定

 

ここからまずは
レクサス、トヨタ、ニッサン、ホンダ、
マツダ、ミツビシ、スバル、
ダイハツ、スズキ
といった車のメーカーを選びましょう

メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ
フォルクスワーゲン、ポルシェなど
輸入車のメーカーは
下の方にスクロールしていくと
出てきますよ。

車買取相場表 画面3

引用元:車選び.comの一括査定

 

メーカー名をタップすると
車種名のぺージへ進みます。

今回は試しにレクサス GS450hの
車買取相場表を選んでみました。

車買取相場表 画面4

引用元:車選び.comの一括査定

 

ジャン!

車買取相場表 画面5

引用元:車選び.comの一括査定

 

  • 平均買取価格
  • 最高買取価格
  • 最安買取価格

が表示されました。

「なんだ、車買取相場表じゃなくて、よくあるザックリした価格じゃないか!?」

とちょっとガッカリしましたか?

でも、画面を下の方へ
スクロールさせてみてください。

車買取相場表は
査定申込み入力画面よりも下です。

車買取相場表 画面6

引用元:車選び.comの一括査定

 

出ました!
車買取相場表です!

車買取相場表 画面7

引用元:車選び.comの一括査定

 

  • 車のグレード
  • 年式
  • 走行距離
  • ボディカラー

かなり詳細が書かれた
車買取相場表です。

そして、

1万円単位の具体的な査定額

も表示されていますね!

しかも

査定時期まで表示されています!

この例を調べた時、
GS450hの車買取相場表は
なんと!全71件!

右下の『次へ』ボタンをタップすれば
車買取相場表のデータが
ドンドン見れます。

 

車買取相場表での金額は目安

車買取相場表で
今乗っている車の
値段がわかったところで

「できるだけ高く車を売りたい」

と思いませんか?

自分の車の金額を
車買取相場表で知ってしまうと
ついつい自分の中で
「こんなもんだろう」
と考えてしまいますが、
あくまで目安と考えておきましょう。

大損するかもしれません!

なぜなら、

車買取相場表の金額よりも
もっと高い金額で
売れるかもしれないからです。

 

たった1回の入力で
車はもっと高く売れる!

車買取相場表よりも
車を高く売る為のコツは

2社以上の
買取り査定を
比較することです。

ちなみに、

車選び.comは
買取り会社ではありません。

車選び.comは可能な限り
あなたの車を査定してくれる業者を
探し出してくれるサイトです。
同じ車両情報を
たった1回入力するだけで
複数の買取り業者から査定を受けて
買取り金額の比較ができます。 

車買取相場表よりも
高く査定してもらえるチャンスは
十分にあります!

申込みは超カンタンです。

車買取相場表から
上にスクロールして戻るか、

下にある
『あなたの車の値段を調べる』
をタップしましょう。

車買取相場表 画面8

引用元:車選び.comの一括査定

 

すると入力画面には
先程調べた車のメーカー名と
車種がすでに入力されていますので
残りの項目を入力するだけです。

この1回の入力で
近隣の買取店を出来るかぎり探し出して
査定依頼をかけてくれるので、
買取り査定額の比較が
簡単にできてしまいます。

車買取相場表 画面9

引用元:車選び.comの一括査定

 

車はどこで売っても
同じ査定額ではありません。
複数の買取業者から
車の査定見積りをいくつかもらって
一番高く査定してくれる
業者を選びましょう!

車買取相場表と一括査定

 

一括買取査定で車を高く売る
5つのコツ

それではここで
一括査定を申込んで
さらに金額を上げる為のコツを
お教えいたしましょう!

一括買取査定でのコツ その1
あらかじめ査定の日と
時間を決めておく

車買取相場表 コツ1

一括買取査定に申し込むと
受付確認と査定日時を決めるための
連絡が入ります。

時間がないと
「もう、その金額でいいや」
とあきらめてしまいがちです。

金額交渉の時にじっくりねばって
査定額を上げてもらえるように
余裕のある日時を選ぶようにしましょう。

 

一括買取査定でのコツ その2
自分から希望額を言わない

車買取相場表 コツ2

どこの買取業者でも査定時には

「希望買取価格はいくらぐらいですか?」
「次の車の乗換えにいくらぐらい欲しいですか?」

こうした誘導質問があります。

ここで、ヘタに答えてしまうと、
「じゃあその金額で買い取りますよ!」
と言われて本来の買取り最高額よりも
本来より安い金額で
査定されてしまう事があります。

車買取相場表の金額や
だいたいの金額であっても口にせず、
「この車の最高金額で買取お願いします!」
と答えましょう。

 

一括買取査定でのコツ その3
「今日売る」と宣言しない

車買取相場表 コツ3

「今日はがんばりますので、金額が良かったらお車売って頂けますか?」
こう言われると一見

ヤル気アピールに思えますが、
実は心理作戦です。

相手に「売る」という意思を
固めさせるのが目的です。

「まだ決めてない」
「わからない」
と答えておきましょう。

 

一括買取査定でのコツ その4
最低でも2社以上の査定を聞いてから決める

車買取相場表 コツ4

一括買取査定で
出張査定してくれる業者の査定は
ディーラーや店頭販売店の
下取りや買取と比べると、
基本的に高値で買ってくれます。

なので、
はじめに提示された金額で
決めてしまう人も意外に多いです。

これではせっかく複数社に
一括査定している意味がありませんので、
ここはぜひ

2社以上の査定を比較するようにして、
限界まで価格アップ狙いましょう。

 

一括買取査定でのコツ その5
ちょっとしたわがままをぶつけてみる

車買取相場表 コツ5

車の査定後、
納得のできる金額が出てても、
まだ終わりではありません。

「次の車の納車まで引き上げを待ってほしい」
「ナビやオーディオを取り外して返してほしい」

といった具合に、
ちょっとしたわがまま
をお願いしてみましょう。

意外と二つ返事で
OKしてくれる場合もありますよ。

査定が終わる前に交渉すると、

「金額アップは難しいですがナビの返却は出来ます」
という具合に『交換条件』
とされてしまう事が多いので、
査定が終わってからお願いする
のがポイントです。

また、

どの査定額にも納得できなくて
全ての業者から買取を
断っても大丈夫!

査定・出張手数料など全て無料です。

車買取相場表と一括査定

 

下取りがいちばん高く売れる?
それは過去の常識

一般的には単純に
車を買い取ってもらう事を
『買取り』

新しい車を買う時に
今乗っている車を引き取ってもらう事を
『下取り』
と呼びます。

つい最近まで
下取りが一番高く買ってくれる
と言うのが常識でした。

しかし、
経済状況や流通が変化し、
車業界の常識は変わりました。

 

下取り車査定額が安い理由

多くの車販売店と
車買取りを得意とする業者では
車買取り査定の方法が違う
という事はあまり知られていません。

まず専門業者による買取りの場合
基準となるのは市場価格と直結した
業者間で取引されている相場価格です。

一方、
多くの販売店で基準にされているのは
イエローブックという
JAAI(日本中古自動車査定協会)
が業者向けに出版している本です。

イエローブックは
国内の中古車の小売り価格を基に、
日本中古自動車査定協会が
独自に卸売りの基準となる相場を推測し、
データを一覧にしたガイドブックです。

独自に推測した査定額では
リアルタイムの相場と同じとは
言えませんよね?

車買取相場表 中古車買取りオークション

しかも多くの販売店では
だいたい5年が経った車に対しては
イエローブックを使わなくなり、

5年目で新車時の価格の半分、
10年目で価格が0円

になるような計算をしています。

特にイエローブックを使って
査定をしなくてはいけない
という法律や規制はないのです。

仮に下取り査定額として
値段がついたとしても

値引き分を下取り車の買取価格に
見せているだけです。

下取りだからこそ出来る
ズルい方法ですよねw

車買取相場表 下取りよりも出張買取り

しかし、なぜ?車販売店は
そういった安い買取査定を
するのでしょうか?

その理由は
「できれば買取りたくない」
とまで考えているからです。

なぜなら
買取った車が売れるまでは
保管するためのスペースが必要ですし
無用な仕入れは避けたいからです。

車さえ売れれば、
車販売店としては利益があるので
買取価格で
他と競争する必要はありません。

下取り車を店頭販売するにしても
オークションで販売するにしても

できるだけ安い金額で
買取っておく方が
手離れが良いのは当然です。

あなたもよく

当社下取り車につき大特価!

と書かれた中古車を見かけませんか?
あれは安く買っているので『大特価』に
できるということですし、
「安くても早く売ってしまいたい」
というお店の意図が見えますよね?

車買取相場表と一括査定

 

一括査定での買取りはなぜ高く査定してくれるのか?

それではなぜ?
一括査定で依頼した
中古車買い取り専門店の方が
一般販売店の下取りよりも
高額な買い取り査定金額を
だせるのでしょうか?

それには以下のような理由があります。

 

在庫リスクがないシステムで運営している

中古車買い取り専門店は
買い取った車をどうするのかというと、

店頭に並べて販売するのではなく、
ほとんどを車業者専用の
オートオークションで売却して
短期間のうちに利益をあげています。

その為店舗敷地は小さく、
整備工場も必要ないので、
家賃や整備士の人件費などが
最低限に抑えられ、
その分を買い取り(仕入れ)金額に
あてられるのです。

また、中古車買い取り専門店は
業者オークションでの
販売をメインにしているので、
買い取った車が

「今ならオークションではこれぐらいで売れる。」

というオークション市場の
最新データをもっています。

なので、
利益が出せる限界ギリギリまで
買取価格を上げることが
可能なのです。

車買取相場表 中古車オークション

▲買い取り専門店は業者向けオートオークションへ転売する商売です。

 

中古車買い取り専門店の乱立で競争が激しい

買い取り専門店は
店舗設営や運営にかかる費用が
比較的小さいので、
参入する会社や
店舗数を増やす会社も多く、
かなりの店舗数になってきています。

中古車買い取り専門店は
オークションでの転売が目的なので、
買い取り(仕入れ)をしないと
商売が成り立たないシステムです。

まず、買い取りをしないと
1円も儲けることはできないのです。

また、ここ数年で
業者オークションを
開催しているような大手が参入したり、
買い取ってから
オークション出品までの短期間
店頭販売する工夫が生まれたりと、

ますます競争が激しくなっています!

なので、
1台でも多くの
車買取をしようと必死なのです。

車買取相場表 車買取業者の現実

 

急速なインターネット普及で世界的な市場取引をしている

『不人気車』や『年式の古い車』、
『走行距離が多い車』、
『事故車』、『不動車』
こういった車は
買い手がなかなか見つからず、
見つかったとしても
競争がなかったので
高額な査定をされる事は
難しかったですよね。

しかし、それも過去の話です。

日本では
買い手のつかなかったような車でも
海外ではとても人気がある車
だったりすることが実は多く、

事故車や不動車のような車でも
部品取り車としての
価値が高い車種もたくさんあります。

海外輸出市場でも今、
激しい競争が起こっています!

車買取相場表 中古車の海外輸出

▲日本車が目立つマレーシア・ペナンの様子

 

インターネットの普及により
外国との連絡や取引が簡単になり、
小さな会社であっても
参入がしやすくなった為です。

こうした海外輸出を前提に
経営している
中古車買い取り専門店も
仕入れに関しては
国内販売を目的としたお店と
同じ日本での中古車市場ですが

車買取りへの意欲が
一括査定では全くちがいます!

なので、高額な査定価格が
期待できるという事です。

車買取相場表と一括査定

 

それでもみんながつい車を下取りに出してしまう3つの理由

これだけメリットが
あるにもかかわらず、
多くの人が車を買い替える時に
下取りに出してしまいます。

なぜ、下取りにだして
しまうのでしょうか?

その理由として考えられるのは
主に3つあります。

 

1.販売店で下取りしてもらうのが『常識』と思っている

少し前までは確かに常識で、
一番高く買い取ってもらえる方法
と言われていた時代も
ありました。

車を買う時、
販売店の営業マンも当然のように

「お見積もりをしている間に下取り車の査定もやっておきますね。」

と今乗っている車の査定額を
出してくれるでしょう。

車買取相場表 ディーラーの車下取り査定

ですが、今となっては

下取りでは高額な中古車買い取りはしてもらえない

というのが新たな常識』

になっています。

また、
見積もり書の中に下取り金額が
まるで値引きのように表示されるので、
ついつい差額の追い金だけで
判断してしまいがちです。

特に新しい車の購入価格から
端数を落とすような買取査定額
には注意が必要です。

 

2.買い取り価格を比較するのが面倒と思っている

車の買取り専門店は
ここ近年で
かなり数を増やしてきました。

あなたの近くにも
いくつか店舗が
あるのではないでしょうか?

車買取相場表 車買取専門業者

 

しかし、
あなたはもしかして

「買取り査定をしながら何軒もまわるなんて面倒くさい」

と思っていませんか?

その点一括査定で査定依頼をして、
実際車を査定してもらうとなると

『出張査定』をしてもらえます。

もちろん出張費用をとるような
買い取り専門店は
今どきありません。

あなたが
わざわざ動き回る必要はなく、
お店のスタッフが
家まで車を査定しに来てくれます。

 

3.たいして買い取り金額は変わらないと思っているから

車を売ったり買ったりするときは
お金の金額が大きくなり、
冷静な判断ができなくなります。

実は、
一括査定で買い取ってもらった方が
下取りよりも10万円以上も高く査定

してもらったという話が多いです。

車買取相場表 車買取専門業者スタッフ

 

ところが、信じられないことに
買取り専門店に車を買取ってもらえば

「10万円高く買い取ってもらえる」

こう聞いても、多くの人が

「なんだ、たった10万円か・・・10万円くらいなら面倒くさそうだし、いいや」

と思っているのが事実です。

たった1度ネットから入力しただけで
自宅で査定してもらい、
10万円以上も高く売れる可能性
があるのですから、
使わない手はありませんよね?

査定費用や出張料も
全くかからない無料のサービスなので
査定した結果、
買い取りを断っても
お金がかかることはありません。

本当に高価買い取りしてもらえるか、
まずは試してみれば
わかると思います。

「タダだから、とりあえず申し込んでみる」

ぐらいの気持ちで申し込んでも
絶対に損はありませんよ。

車買取相場表と一括査定

車を高く売るまとめ

◆ 車買取相場表の買取り額はあくまで目安と考える

◆一括買取査定を試してみる

◆一括買取査定で車を高く売る5つのコツ

一括買取査定でのコツ その1
あらかじめ査定の日と時間を決めておく

一括買取査定でのコツ その2
自分から希望額を言わない

一括買取査定でのコツ その3
「売る」と宣言しない

一括買取査定でのコツ その4
最低でも2社以上の査定を聞いてから決める

一括買取査定でのコツ その5
ちょっとしたわがままをぶつけてみる

以上、試してみて
絶対に損することはないと思いますよ!

車買取相場表と一括査定