フィットシャトルハイブリッド

中古車相場:57万円~162万円
平均107.7万円
(2017年9月調べ)

ジョージマンです。

今回ご紹介したいのは
フィットシャトルハイブリッド
です。

コンパクトカーに
ラゲッジスペースを追加した車は
歴代不人気車ぞろいでしたが、
この車はなかなか健闘した方では
ないでしょうか?

その名前自体は
1世代で終わってしまいましたが、
『シャトル』
としてモデルチェンジし、
現在も販売は続けられています。

最近のホンダ車はデザインが
アグレッシブになりすぎて
派手なイメージなので、
シャトルハイブリッドよりも、
ちょっと愛嬌のある
ヘッドライトデザインの
フィットシャトルの方が
個人的には好きです。

そんな1世代前モデルになった
フィットシャトルハイブリッドの
中古車が今、
100万円前後という価格で
多く出回りはじめていて、
お買い得車と
言えるのではないでしょうか?

5人乗りジャストサイズ

フィットシャトルハイブリッドは
同社のロールーフミニバン
ストリームから
乗り換える人が多かった様です。

これは発売された2011年当時、
まだハイブリッドロールーフミニバン
であるジェイドが
発売されていなかったことと、

「ハイブリッドカーに乗り換えたいけど、3列目シートはほとんど活躍しないので不要」

と考えた人が
多かったのでしょう。

ストリームと同じ5ナンバーと言っても
フィットシャトルがベースになっている
フィットシャトルハイブリッドは
少々車内は
狭く感じるかもしれませんが、
ラゲッジスペースは十分にあり、
使い勝手で言えば
ストリームからの乗換えでも
不自由は感じないでしょう。

また小さい分小回りが効き、
軽量な分燃費への期待も大きいです。

f:id:kokubu_ou:20170926145826j:plain

f:id:kokubu_ou:20170926145841j:plain

 

ホンダのハイブリッドは燃費が悪い?駆動バッテリーが心配?

ホンダのハイブリッドは燃費が悪い。
良くないというイメージが強いです。

確かにプリウスや
現行型のフィットハイブリッドや
シャトルハイブリッドなど
と比べると、
燃費性能は実際に少々劣ります。

これは当時のホンダが
パラレル式という
ハイブリッドシステムを採用しており、
モーターだけの駆動が
出来ない点にあります。

参考記事▼

f:id:kokubu_ou:20170926150241j:plain

 

しかしながら口コミでの実燃費は
18km/L前後
とガソリン車と比べれば
明らかに燃費は良く、
価格差の小さい中古車となれば
ハイブリッドカーを
選ぶ方が良いと言えるでしょう。

また、
プリウスαの記事の時も
いくつかコメントがありましたが、
駆動バッテリーの寿命を
心配する人が多いですね。

しかし、
これだけ売れまくっている
ハイブリッドカーの技術が
進歩しないわけがありません。
バッテリーの技術も進んで
耐久性が増しています。

実際私のまわりや
友人の中古車店で
駆動用バッテリー交換に
なっている車といえば

  • 初代プリウス
  • エスティマハイブリッド

など10年以上前に開発された
古いハイブリッドカーです。

参考記事▼

 

フィットシャトルハイブリッドは
まだ新しいめの車なので、
保証をつけてくれる
お店も多いですし、
そんなに心配することではない
と私は思います。

 

 

C グレードは商用向けなのでチープ

フィットシャトル、
フィットシャトルハイブリッドは
エアウェイブと
その商用車版である
パートナー
の後継車でもあります。

フィットハイブリッドには
ベースグレード
スマートセレクション
C
というグレードがあるのですが、
Cは商用向けに

  • クルーズコントロール
  • ハンドル調整機能
  • 本革巻ハンドル
  • センターアームレスト(リアシート)
  • ミラー付きサンバイザー(助手席)

など、
快適装備を外した廉価版
になっています。

あまりたくさんは
出回っていませんが、
購入時には気をつけましょう。

スマートセレクションは
スマートキーシステムが
装備されており、
テールゲートを開ける際には
とても便利です。

出来れば欲しい装備ですね。

 

燃費が良くて使い勝手の良い
フィットシャトルハイブリッド
ぜひ探してみて下さい。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。