f:id:kokubu_ou:20161114170055j:plain

シボレー ソニック

中古車相場:45.8万円~133.5万円
平均86.4万円
(2017年2月調べ)

さて今回は
2014年に公開された映画
『トランスフォーマー ロストエイジ』
に登場していた不人気車
シボレー・ソニックです。

そんな車出ていなかったって?
シボレーなら
カマロの間違いじゃないかって??

いえいえ、
ちゃんと出ていましたよ。
ロボットには
変形しなかったん
ですけどね!w

それでは
どんな車か見ていきましょう。

 

日本では不人気車確定な車

正直、
私もつい最近までこの車が
日本に正規輸入
されていることは
知りませんでした。

シボレーのFFコンパクトカー
と聞くと
スズキが共同開発の
初代スイフトをベースに作った
シボレー・クルーズや
ソリオをベースにした
シボレー・MW
を思い出してしまいがちです。

日本では
シボレーブランドのGM車は
コルベットやカマロに代表される
スポーツカーや
トレイルブレーザーや
キャプティバといった
SUVのイメージが強く、
FFコンパクトは
シボレーエンブレムの付いた
スズキ車
というイメージがあります。

しかし、
世界的にみると
今回ご紹介するソニックや
2代目でセダンになった
クルーズなど
コンパクトカーや
ミドルセダンを
グローバル戦略車として
販売しています。

ですが、
日本では以前ご紹介した
ホンダ ジェイド、
カムリ、
アリオン/プレミオ、
シルフィなどの
グローバル戦略車のウケは
悪いです。

 

なのでシボレーが
スズキ以外で生産した
グローバル戦略車を
日本で販売するのは
非常に珍しいのです。

そして予想通り
超不人気車となっています。

この記事を書いている
2016年11月現在、
中古車を探してみても
全国に10台もありません。

しかも試乗車など
低走行車ばかりです。

また2016年4月で
新車ライナップからも
外されてしまいました。

 

アメ車だけど韓国製

ソニックは元々、
アヴェオという名前で
韓国や中国、
オーストラリアを中心に
販売された
アジア、オセアニア市場向け車
でした。

生産の中心は
ゼネラルモータースの子会社
韓国GM
(元:大宇自動車)でした。

3代目モデルチェンジを受け、
社名をソニックに変更し、
アメリカ、カナダ、メキシコ
での販売が開始され、
製造はアメリカで
行われることになりました。

しかし、
日本向けソニックの生産は
ゼネラルモータースの子会社
韓国GM(元:大宇自動車)
で生産されています。

このあたりの背景も
不人気さを向上させる
要素になっているのかも
しれません。

日本向け仕様は
ハッチバック5ドア、
右ハンドル、
ATのみ で
ウィンカーレバーは右に。
ワイパー操作レバーは左についています。

 

 

スイフトと比べると

ソニックのエンジンは
115ps/6000rpm
15.8kg・m/4000rpm
を発生する
直列4気筒
DOHC1600ccエンジンです。
燃費はJC08モードで
10.9km/L。

やはり比較対象されるのは
同じぐらいのボディ、
エンジンを持つ
スイフト スポーツ
でしょうか。

スイフトスポーツは
136ps/6900rpm
16.3kg・m/4400rpm
燃費はJC08モードで
14.8km/L。

うーん。
動力性能、燃費性能は
完全にスイフトの勝ちですね。

さすが人気車・・・
マニュアルの設定あるし。

f:id:kokubu_ou:20161114170130j:plain

 

ソニックのATは6速で
『一応』MTモード
があるのですが
期待できません。

DSC(DSGではない)
と名づけられた
そのMTモードは
シフトノブの右側、
親指のあたりに
スイッチがあり、
非常に使いづらい。

しかもレンジを
『M』
に入れないと
反応してくれないんです。

f:id:kokubu_ou:20161114170200j:plain

 

おススメしたいと思う点

じゃあどこが良い点か
と聞かれれば、
まず見た目のカッコよさです。

全体的に角ばったデザインで
アメリカンな感じがします。

ちゃんと
シボレーっぽい
デザインをしています。

内装は昔ながらの
大衆アメ車っぽさ
も残っていますが、
注目ポイントは
バイクみたいなメーター
でしょう。
これは視認性も良くて
すごくイイと思いますよ。
なによりカッコいい。

f:id:kokubu_ou:20161114170230j:plain

f:id:kokubu_ou:20161114170418j:plain

 

そして冒頭にも書きましたが
トランスフォーマーの映画に
出つつも変形しなかった
というマニアックさwです。

どこに出ていたかというと、
物語の序盤で
ケイド(オプティマスを助けたオジサン)
の家がCIAに見つかって
テッサ(オジサンの娘)
の彼氏が現れて、
ラリードライバーである
彼の車に乗って
なんとか逃げ切るシーン。

そう、
そのラリードライバーの
彼氏が乗ってきた車が
シボレー・ソニックです。

思い出しましたか?w

出典:www.youtube.com

 

とにかく
人とちがった車に乗りたい!
マニアックな車に乗りたい!
トランスフォーマーが好きだ!
(変形しない点が逆にリアル?)

という人にだけ
おススメします!

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。