スズキ ランディ

中古車相場:18.5万円~269.8万円
平均139.7万円
(2017年2月調べ)

コンパクトなボディと
扱いやすいエンジン。

そして8人乗りと
余裕の内装スペースをもつ
ミニバン。

内容を見ると
不人気車要素のない
スズキランディ。

かなりの不人気車で
街中で見かけることは
ほとんどありません。

はじめて名前を聞いた
という人も
いるかもしれません。

始めに言っておきますが、
この車スズキが
作っている車ではありません。

実はニッサンが
作っている車です。

写真をみて
「あれっ!?なんだかアノ車と似てるなぁ」
と思った人がいると思います。

そうです、実はこの車、
ニッサン セレナと
エンブレムが違うだけの車です。

いわゆるOEM車というやつです。

 OEM車は不人気車の宝庫!

  • トヨタ 86 → スバルBRZ(作っていいるのはスバルですがトヨタの利権勝ちw)
  • トヨタ ラクティス → スバルトレジア
  • スズキ ワゴンR → マツダ フレア
  • スズキ パレット → ニッサン ルークス
  • ダイハツ ムーヴ → スバル ステラ
  • マツダ プレマシー → ニッサン ラフェスタ・ハイウェイスター

などなど、
自動車メーカー同士で
持ちつ持たれつです。
作るメーカーや
供給を受けるメーカーも
バラバラですね。

↓ 軽自動車のOEMは街中でもよく見かけます。

f:id:kokubu_ou:20161014110753j:plain

 

余談ですが、
ホンダのOEMって
現在はないんですよね。

昔はいすゞ自動車と
お互いに供給していました。

  • ホンダ ドマーニ → いすゞ ジェミニ
  • ホンダ アコード → いすゞ アスカ
  • いすゞ ミュー → ホンダ ジャズ

いすゞ自動車の乗用車撤退と
共に無くなってしまいました。

それでは
スズキ ランディの話に
戻したいと思います。

スズキ ランディは
前述した通り、
元々は超人気車である
ニッサン セレナです。
エンブレムが違うだけです。

ちゃんと
ハイブリッドのグレード
も存在します。

2010年にセレナ同様
モデルチェンジしています。

このページでは
モデルチェンジ前のものを
前期型、

モデルチェンジ後を
後期型と呼ぶようにします。

↓ スズキ ランディ前期型

f:id:kokubu_ou:20161014110742j:plain

 

前期型、後期型は
メーカーに言わせると
多くの変更点が
あると言われそうですが、
私の見解では
使い勝手や広さは
あまり変わらないと思います。

外装デザインなど
こだわりがないのであれば
前期型でも
まだまだ充分に
ファミリーカーとして
活躍してくれることでしょう。

スズキ ランディは
新車の時点でも
値引き率は良く、
スズキ販売店で
仲の良いお店をご存知でしたら
ニッサンでセレナ
の見積りをとり、
相見積もりしてもらうのも、
ひとつの方法でしょう。

 

OEM社を買うときのおススメは新古車

最もお買い得なのが新古車です。
新古車は販売店で
試乗車や展示車として
使用されていた車輌です。

また、
在庫されていた
車輌が売れずに決算を迎え、
予算上中古車店に
売却されることになった
車輌です。

車検も長く付いていますので
諸経費も安いのです。

 

中古車はもちろんお買い得

中古車を見てみると
こちらも当然、
かなりのお買い得車が
たくさんあります。

ニッサン セレナの
同等車と見比べて
頂ければよく解ると思います。

前期型でしたら
50万円を切るような車輌も
ありますから、
とにかくミニバンに乗りたい
と言う人には特にオススメです。

走行距離が10万キロ前後にも
なるような車輌も多いですが、
比較的高年式な車種なので
内装もキレイな車輌が多いです。

10万キロを超えた車輌が
普通に店頭に並んでいる
ということは
それだけ丈夫なエンジン、
ボディを持つ車種だといえます。

なんといっても
作っているのは
ニッサンですしね!

 

 

売却時の買取り価格は当然・・・

ただ、
注意して頂きたいのは
売却時の価格です。

買うときに安い
ということは
売る時も安い
ということです。

乗り潰すつもりで購入される方は
前期型の格安車を狙いましょう。

ミニバンは
なにかと需要があるので
価値がゼロになる事は
あまり考えられませんが、
乗り換え時の資金としては
期待できません。

 

保証付き店舗で購入しましょう

私がオススメするのは
5万キロ程度の車輌で、
きちんと整備ができるお店の
6ヶ月〜1年くらい
保証が付いている車輌です。

だいたい5万キロぐらいになると
ブレーキパッドや
バッテリー、タイヤなど
金額の高い消耗品が
交換時期にきます。

これらをあらかじめ整備しているか
確認をした上で
中古車は購入するように
しましょう。

確認をするだけでも
うまくいけば
バッテリーなんかは
サービスしてもらえる事も
ありますよ。

せっかく安く買えても壊れたり、
修理にお金が
たくさん掛かってしまっては
元も子もありません。
タマ数が少ない車種ですが、
じっくり考えて、選んで購入しましょう。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。