不人気車に愛を。

みんなには愛されないクルマたちを愛するブログ

スポンサーリンク

第39回:新型車絶好調の影に不人気車 トヨタ ポルテ(二代目)とスペイド

f:id:kokubu_ou:20170426155150j:plain

ポルテ(NSP140系)

中古車相場:60万円~215万円

平均135万円

(2017年4月調べ)

 

 

▼不人気車の買い方、売り方の記事▼

>>流通前の中古ポルテ / スペイドを探す方法

>>車の乗り換え前に必読すべき記事

 

 

ジョージマンです。

今回はトヨタ ポルテとスペイドです。

助手席側に大きなスライドドアが1枚というとてもユニークな車です。

 

スペイドは2代目ポルテと姉妹車で、丸くて可愛らしいデザインのポルテに対し、角ばってシャープなヘッドライト周りとなっています。

 

▼スペイド

f:id:kokubu_ou:20170426155206j:plain

 

ヘッドまわりはヴォクシーやヴェルファイアに通じるものがあって、なかなかカッコいいのですが少々寸足らずな印象なのか、ターゲット層と合わないのか、人気はポルテよりもイマイチで、中古車はスペイドの方がお買い得になっています。

 

ライバルは同社トヨタにあり

『スライドドア付きコンパクトカー』というこれまでになかったコンセプトを打ち出したポルテとスペイドですが、トヨタにはスライドドア付きコンパクトカーとして最近、非常に人気の高い『シエンタ』が存在します。

 

シエンタはポルテよりも少し全長が長いですが十分にコンパクトカーと言えるサイズでガソリン車であれば排気量も同じ1.5Lで新車価格もあまりかわりません。

 

シエンタとポルテではターゲットもコンセプトも違うと思いますが、どうしても見比べてしまいますよね。

 

同じぐらいの値段、サイズで両側スライドドア・・・シエンタに軍配が上がりますw

 

また、スズキ ソリオの対抗として両側スライドドアを備えた新型コンパクトカー

『トヨタ タンク』、『ダイハツ ルーミー』は価格が安く、絶好調の売れ行きだそうで、その人気の反動がポルテを中途半端な存在へと変えてしまい、中古車価格に影響が出始めています。

 

こうしたことから、まさに今、『不人気車になりたて』のお買い得中古車なのではないでしょうか。

 

1枚のスライドドアは便利なのか

 

f:id:kokubu_ou:20170426160113j:plain

 

最近は2ドアの小型車がめっきりなくなってしまったので、知らない人も多いかもしれませんが、2ドアと4ドアの利便性は雲泥の差です。

 

2ドアの小型車に乗り込むには前のシートを倒して通路を確保して、乗り込む順番を決めて後ろの人から乗っていく必要があります。

 

2ドアの車は運転手がリーダーシップをとって指示していかないと足の弱いおばあちゃんが早々と助手席に乗り込んでしまい、

「おばあちゃん、助手席に先に座られたら後ろの人がのれないよ!」

的な状況はよくありましたw

 

初代ポルテは運転席側もヒンジドアが1枚でしたが、二代目ポルテ、スペイドは3ドア。運転席側にドアが2枚つきました。

この事でリアシートへのアクセスは非常に良くなったものの、

スライドドア側から乗り込む時には当然シートを倒す必要があります。

 

しかし、スライドドア開口部の広さに相まって、助手席は水平になるまでたたんでしまえるので、間口はとても広く取れます。

 

また、昔の車と違ってフロアセンターにサイドブレーキやシフトレバーがありませんから、フロントベンチシートの車両を選ばなければ前後は乗ってからでも移動可能です。

 

とにかく人にやさしい

 

f:id:kokubu_ou:20170426155415j:plain

 

ポルテ、スペイドのセールスポイントとしてよくあげられるのが、床の高さが地面から300mmという事です。

ノア、ヴォクシーのような5ナンバーミニバンの床高さが450mm前後ですからかなり低いと感じられるでしょう。

足腰が弱いお年寄りや背の小さい子供の乗り降りが非常に楽になります。

 

この車で一番恩恵を受けるのがやはり小さな子供のいる夫婦です。

屋根が高く、乗り込みスペースがひろいので子供を抱きかかえたまま乗り込み、チャイルドシートへ座らせることができます。

 

運転席後ろにチャイルドシートを設置し、その隣にお母さんが座るのが乗り込み順序を考えても多くなると思うのですが、お母さんの前の助手席はたたんだままにしておくと、助手席の背面がテーブルとして使用可能です。

哺乳瓶やそのほか小物を置いておくのにも最適ですね。

 

運転席まわりのも小物入れがたくさんあり、利便性は高いです。

 

f:id:kokubu_ou:20170426160223j:plain

 

中古車を選ぶときは電動スライドドア付き1.5Lエンジンがオススメ

スライドドアである利便性は非常に高いのですが、欠点もあります。

その欠点とは重さです。

スライドドアは間口を広げた分ドア自体が大きいですし、車の強度を上げるためにも重くせざるを得ません。

 

ドアの重量が結構あるので、開け閉めには少し力が必要です。

 

これはお年寄りや子供、女性にとっては欠点と言えます。

電動スライドドアの設定もありますので、中古車を選ぶ時の条件としては必ず入れるようにしておきましょう。

 

また、ドアが重いということは車体重量も重くなっています。

エンジンは1.3Lと1.5Lの2種類がありますが、パワーのある1.5Lエンジンの方が良いです。

 

非力な1.3Lでストレスを感じながら余計なアクセルの踏み込みをするよりも、パワーに余裕が1.5L エンジンの方がかえって燃費がいいなんてことも十分にあります。

 

コンパクトカーなのでミニバンのようにたくさん人は乗せられませんが、運転しやすく、女性でも安心だと思います。

 

小さい子供や年配の方がいる3~4人家族にオススメしたい車です。

ぜひ、電動スライドドア、1.5Lエンジンにはこだわって探してみてください。

 

欲しい不人気車が見つかったら『無料』でプロに手伝ってもらいましょう▼

>>流通前の中古ポルテ / スペイドを探す方法