不人気車に愛を。お買い得車には感謝を。

みんなには愛されないクルマたちを愛するブログ

第2回:レクサスHS お買い得ハイブリッドカー

f:id:kokubu_ou:20161014110837j:plain

レクサス HS

中古車相場:99万円~454.3万円

平均241万円

(2017年2月調べ)

>>流通前の中古 HSを探す方法

>>最新の車買取相場一覧表が見れちゃうサイトの使い方

 

日本で永遠の不人気車ジャンルは『ミドルセダン』

今回ご紹介する不人気車は レクサス HS です。

前回ご紹介したシビックもそうでしたが

ハイブリッドのミドルセダンは不人気車が多く、とてもお買い得です。

 

まず、ミドルサイスセダンというのはアリオンやプレミオ、シルフィといった1.8~2.0Lエンジンを搭載したフロント駆動(FF)、5ナンバーサイズのセダンのことを指します。

このジャンルは今やミニバンやハイトワゴン、コンパクトなど多種多様なジャンルの車が発売されている日本の市場にとって中途半端なのです。

 

3ナンバーサイズのクラウンやフーガといったセダンに比べると小さいので居住空間や見た目の迫力に欠けます。

また、ミニバンやワゴンのように荷物は詰めず、コンパクトカーほど燃費も良くはありません。

なので、日本市場では選ぶ人が少なく、自動車メーカーもどちらかといえばグローバルでの販売を目的としているので、あまり宣伝もされず知名度も低いです。

 

ハイブリッドカーとしてのイメージ

ハイブリッドカーの代名詞である

『2代目プリウス』がハッチバックなのに加えて、

その直後発売された

『2代目インサイト』もハッチバックだったので、

世の中のイメージは

新しい車

=ハイブリッドカー

=プリウス、インサイト

=ハッチバックボディ

=オシャレなデザイン

このことから、同じくらいの値段ならハッチバックが選ばれがちです。

  • トヨタ サイよりプリウス
  • ホンダ シビックセダンよりインサイト
  • レクサスHSよりCT

 

メーカーは宣伝しない

そして自動車メーカーは売れている車に勢いをつけたいので、売れている車の宣伝に力を入れます。

そしてセダンはずっと宣伝されないままなので

圧倒的に知名度が低いです。

 

実はこの点もお買い得ポイントになるところで

誰も知らない=高いのか安いのかわかりにくい車

になるんです。

 

そうなると安い不人気中古車を買っても、あまり車に詳しくない人からは

「なんだか高そうなイイ車にのってますね~」

 

って言われるようになるんですw

 

特に日本ではハッチバックより

4ドアセダンは落ち着いた大人の高級車

というイメージがあるので、よくわからない4ドアセダンはちょっとイイ車と思われがちです。

 

実は荷室もセダンの方が大きい

結構勘違いされがちなのですがセダンのトランクルームは屋根が低いのでハッチバックよりも荷物積みにくく、あまり乗らないのでは?と思われます。

しかし、実際にはハッチバックを延長されて造られているので

トランクルーム分車体は大きくなっています。

よほど背の高い荷物をどうしても立てて積まなくてはならない場合(植木とか)以外であれば困るようなことはなく、荷物はたくさん積み込むことが可能です。

 

なんといってもレクサス

前振りが長くなりましたが、ここからが車の紹介です。

レクサスHSはレクサスのハイブリッド専用モデルです。

 

レクサスのエンブレムがフロントに付いているだけで世間から『高級車』と思われることは確実です。

 

同じレクサスにはCTというハッチバックのハイブリッド専用モデル、トヨタにはSAI(サイ)という同じパッケージの廉価版が存在します。

この車も不人気車でお買い得感のある車ですが お得感でいえばレクサスHSに軍配があがります。

なぜかといえば、

SAIとHSの値段の差は2011年式(2016年6月現在)で約30~70万円ほど。

質感やデザインを見比べれば、高級感を感じさせるのはエンブレムだけではありません。ヘッドライトやテールランプといった外装はしっかり作りこまれ、内装についても細かい部分で高級感をかもしだしています。

この価格差なら売却する際にも元が取れるレベルだと思います。

f:id:kokubu_ou:20161014110847j:plain

 

探せば革シートの車両もあるのでより高級感が欲しい人は探してみましょう。

布シートとの価格差は中古車では大きくはありません。

f:id:kokubu_ou:20161014110855j:plain

 

上手に探せば、レクサスHSは(2016年6月現在)で200万円をきるような優良車両(走行距離が少なく綺麗な車両)が出始めています。

 

また、最近では中古車流通のグローバル化によって中古ミドルセダンは海外での需要が高まってきていてリセールバリューも上がってきています。

今、まさにお買い得な車と言えるのではないでしょうか?

 

欲しい不人気車が見つかったら『無料』でプロに手伝ってもらいましょう▼

>>流通前の中古HSを探す方法