エディックス

中古車相場:23.5万円~120.2万円
平均49.5万円
(2017年3月調べ)

今回は
ホンダ エディックスです。

エディックスは
世界的に見ても
珍しいパッケージングの
車です。

2004年から
2009年の5年間だけ
製造販売され、
一世代でなくなってしまった
不人気車です。

3座席が2列の6人乗り

この車の特徴は
なんといっても

前列3人掛け
後列3人掛け

になっている点です。

前列の中央席には
チャイルドシートにも
対応しているので、
目の届くところに座らせたいような、
小さなお子さんを持つ夫婦には
打ってつけのパッケージングです。

前に3人乗ってみると
なんだか思った以上に
楽しいですよw

f:id:kokubu_ou:20170328085502j:plain

f:id:kokubu_ou:20170328085512j:plain

f:id:kokubu_ou:20170328085525j:plain

 

ライバル車としては、
3座席2列と聞いて
不人気車フリークの
心をときめかせるのが、

フィアット ムルティプラです。

f:id:kokubu_ou:20170328090623j:plain

 

しかし正直、
イタリア人の突き抜けた
美的感覚に日本人は
ついていけません。

どちらを勧めたいかと
聞かれれば、
スタンダードなスタイリング
もさることながら、
エンジンやシャーシの信頼性も
考えると
国産車である
エディックスに
軍配が上がります。

f:id:kokubu_ou:20170328084012j:plain

 

コンパクトなボディで取り回しはラクチン

ボディサイズとしてしては
ベースとなったシビックEU型
(この型式のシビックも不人気車ですw)
よりも幅は100mm程広く3ナンバー。
全長は4285mmで
シビックと同等。
ストリームよりは短いです。

イイ感じ(?)の
中途半端さですw

タイヤを車体のできるだけ
外側に位置させ、
タイヤの切れ角を
大きく設定できることで、
最小回転半径4.9mを実現。
非常に運転しやすい車です。

 

 

エンジンバリエーションは豊富に3種類

エンジンの
バリエーションは意外に多く、
熟成されたD17A型の
1.7L SOHC VTEC 直列4気筒

インテグラやシビックなど
スポーティな車種に採用される
K20A型の
2.0L DOHC i-VTEC 直列4気筒

余裕のパワーを生み出す、
K24型
2.4L DOHC i-VTEC 直列4気筒

2006年のマイナーチェンジの際に
2.4LのK24A型エンジンが設定され、
1.7LのD17A型エンジンは
廃止されています。

3種類ともホンダを代表する
よく出来たエンジンではありますが、
車格から考えても
1.7Lはちょっとパワー不足でしょう。

中古車市場では
1.7Lが60万円前後(2017年3月現在)
でたくさん出回っていますが
2.0L以上を選択したいところです。

私のおススメは2.4Lエンジンです。

燃費もあまり変わらず、
税金も年間で
¥5500しか変わりません(2017年3月現在)

こういうワゴン系の車は
車重が重いので、
排気量の大きいエンジンの方が
発進も楽で、
乗り方によって街のりでは
むしろ燃費がよくなったりもします。

 

乗りこなしはコンパクト、使い勝手はミニバン

エディックスは前述した通り、
ミニバンである
ストリームより短く、
コンパクトカーのシビックよりは
幅広です。

しかし、
工夫によって取り回しがしやすく、
街乗りには最適です。

ラゲッジルームの大きさも
十分にとれていますから、

余裕のあるコンパクトカー
だと思えば
非常に良い車だと
言えるでしょう。

f:id:kokubu_ou:20170328085543j:plain

 

中古市場でのタマ数は
少なめですが、
他にはない面白い車だと
思いますので、
気になったら今の内に
手に入れておいて下さい。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。