トヨタ RAV4

中古車相場:54.8万円~243万円
平均123.3万円
(2017年2月調べ)

今回は最近人気が急上昇している
SUVの中でも
イマイチ人気の上昇気流に
乗りきれなかった
お買い得な不人気車を
ご紹介します。

RAV4 です。

なぜトヨタのSUVなのに不人気か?

基本的にトヨタ車は人気です。

世界一の
販売数を誇る自動車メーカーが
作った車ですから、
故障しにくく、機能面も上々です。

そんなトヨタ車の中でも
不人気車は出てきます。

ただし、
RAV4は
世界的に見ると人気車で、
日本で不人気なだけなのです。

トヨタは世界戦略で
車を作っていますから、
日本向けだけではなく、
アメリカ、欧州、
アジア向けに
色々な車を作ります。

そんな中で
アメリカや欧州での
販売に重きにおいて
作られた車は
デザインの好みや、
流行、使い勝手、
価値観が日本と合わないのです。

 

タイミングがちょっと早かった

最近はSUV車が人気です。
国内外問わず
自動車メーカーから
SUVの新型車が発売されています。

ところが、
今回ご紹介するRAV4が発売された当時、
日本の流行はミニバンが主流で
SUVは
「一昔前に流行ったジャンル」
になっていました。

また、
初代モデルのRAV4は
コンパクトサイズの
SUVを目指して
制作されていたため
迫力のない
イメージがありました。

この
初代モデルRAV4のイメージを
名前と一緒に
引きずってきてしまったので

なんだか格好の良さや
室内の広さについての
イメージが削がれて
しまったのではないでしょうか。

最近人気のSUV車といえば
マツダ CX-5、
ホンダ ヴェゼル、
ニッサン エクストレイル、
スバルXV、
トヨタ ハリアーなどです。

かつてはパジェロや
ランドクルーザーなど
本気オフロード車が
カッコイイとされ、
人気でした。

しかし、
今は都会の
高速道路がよく似合う、
ちょっと室内が広く感じる、
2WDの
燃費が良いSUVが人気なのです。

その点で言えば
RAV4はなかなかの
優等生といえる
スペックなのです。

RAV4は
全車CVT(無段変速機)を採用
しており、
オートクルーズ
の設定もあります。

FFの2WD車輌で
カタログスペック燃費
13.4km/L
です。

SUV車の中では
優秀な方では
ないでしょうか?

 

使い勝手は十分過ぎるほどイイ

内装は特に
高級感は感じない平凡な
デザイン&質感ですが、
オートエアコンが
左右独立式になっていて、
温度設定を運転席側と
助手席側で分けることができます。

後部座席は
前後のスライドや
リクライニングが可能なので
長距離の移動にも
問題ないと言えるでしょう。

トランクは横開で
身長の低い人や女性でも
開け閉めしやすいです。

容量も申し分なく
後部座席を倒さない状態でも
旅行かばんが
楽々載せられるような広さです。

さらにハンモックタイプの
ネットが付属していますので
広いトランクを
ころがり回りそうなものは
その中に
収めることができます。

また、
SUVの中では比較的
小さなサイズで
運転席が高い分、
中型~大型セダン
と比べれば
運転の扱いは
容易である
といえるでしょう。

 

燃費優先で2WDを選ぼう

f:id:kokubu_ou:20161014110548j:plain

RAV4を購入する際に
注意したいのは
FFか4WDかという点です。

降雪地域や
急な坂道が多い地域など
でない限り
4WDである必要は
ないでしょう。

降雪地域であっても
深雪を走破できるほど
オフロード性能はない車です。

わりきってFF車を選び、
燃費を優先させるほうが
賢い選択といえるでしょう。

それから、
クルーズコントロールですが、
高速道をよく使う人には
とてもオススメです。

燃費を良くするには
定速走行が基本です。

メーターと
にらめっこせず
自動で定速走行をしてくれる
クルーズコントロールは
非常に楽ですし、
燃費も向上します。

うまく探せば
100万円強で
程度の良い車両が
見つかると思います。
(2016年7月現在)

 

 

不人気車は古くなりにくい

これは
RAV4だけではないのですが
不人気車は
モデルチェンジが少ないです。

今回のRAV4についていえば、
2005年にモデルチェンジして
2016年生産終了まで
基本的には同じモデルです。

なので10年落ちの車
であっても
古さを感じることは
少ないです。

 

3列シート7人乗りの姉妹車 ヴァンガード

f:id:kokubu_ou:20161014110601j:plain

 

実は海外では
RAV4のロングバージョン
が設定されており、
3列シートになっている
モデルもあります。

日本では
名前が変更されて
『ヴァンガード』
という名前になっています。

3列シートといっても
荷室に座るような席なので
ミニバンのような
広さや乗り心地を
求めてはいけません。
「いざというときに使える」
レベルのものだと
考えて良いでしょう。

RAV4と比べると
中古市場も少し割高ですので
ヴァンガードは
あまりオススメしません。

f:id:kokubu_ou:20161014110610j:plain

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。