不人気車に愛を。お買い得車には感謝を。

みんなには愛されないクルマたちを愛するブログ

不人気車に愛を。お買い得車には感謝を。

スポンサーリンク


▲車検証、保険証券をお手元にご用意下さい▲

 

 

第23回:コンパクトSUVでも不人気車なら100万円以下! トヨタ イスト(110系)

f:id:kokubu_ou:20161214151246j:plain

トヨタ イスト(110系)

中古車相場:36万円~155.6万円

平均95.8万円

(2017年2月調べ)

>>流通前の中古イストを探す方法

>>最高額で車を売却する方法

 

 

現在、マツダ CX-3やニッサン ジューク、スバルXV、ホンダ ヴェゼルといったコンパクトSUVが人気を集めています。

トヨタの新型車 C-HRも発売前から非常に話題になっていましたね。

流行のSUVデザインにコンパクトカーの取り回しと燃費とあって、幅広い年齢層、男女問わず欲しいと思う人は多いようです。

しかし、コンパクトSUVは人気車種なので中古市場でもなかなか値落ちしていません。

そんな中でお買い得な車がないかな~っと探してみると、ありました。

それが今回ご紹介するトヨタ イスト(110系)です。

 

先取りしすぎたコンセプト『コンパクトSUV』

イストが先代60系からモデルチェンジしたのが2007年です。

ここ最近のSUVブームの火付け役となったマツダ CX-5が2012年のデビューですから、ブームの5年程前に発売された車です。

この頃はまだまだSUVは燃費の悪い車のイメージでしかありませんでした。

つまり、登場が早すぎたんですね。

 

その為、発売された当初から

「イストはボディが大きくなりすぎた。」

といわれて人気が出ませんでした。

 

先代イストからの勘違いモデルチェンジ

f:id:kokubu_ou:20161214152234j:plain

先代60系イスト ↑

 

先代のイストは人気車でした。

上質なコンパクトカーとして発売され、そのデザインにはSUVの要素といえるオーバーフェンダーやアンダーガードのようなバンパーデザインが取り入れられていました。

上手く取り入れらえたそのデザインはスタイリッシュな上質コンパクトカーという印象を与えることに成功しており、トヨタの思惑通り人気車種となりました。

アメリカでも若者向けの販売チャネル『サイオン』で販売され、xAの名前で人気の車でした。

 

ここでトヨタは勘違いしたモデルチェンジをしてしまいます。

 

SUV感の向上ナンバーへのボディサイズアップです。

f:id:kokubu_ou:20161214200333j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20161214153641j:plain

 

とてもたくましいデザインですねw

RAV4にも似ているかな?

www.xn--ihq5po14ehz4a.com

 

実際それほど大きい車ではないのですが、

3ナンバーという先入観で大きく感じます。

 

それまでのイストの人気はコンパクトカーながら、質感のあるデザインという点が人気の要因でした。

ユーザーが新しいイストに求めていたのはSUVイメージでも大きさでもありません。

質感の高い、小さな車です。

つまりヴィッツの豪華版です。

 

このあたりの年代のトヨタ車でいうとbBも実はモデルチェンジに失敗しています。

カスタムして自由に楽しいbBを

カスタムが既にしてある、カスタムしにくいbBにモデルチェンジしちゃってます。

www.xn--ihq5po14ehz4a.com

 

内装はアメリカンコンパクトの雰囲気

f:id:kokubu_ou:20161214154311j:plain

 

内装は最近のアメ車っぽいかな?

アメリカではサイオン xDの名前で販売されていましたから、アメリカの若者をターゲットにデザインしていたのかもしれません。

以前ご紹介したソニックの内装と見比べるとなんとなく雰囲気がわかると思います。

www.xn--ihq5po14ehz4a.com

 

f:id:kokubu_ou:20161214154751j:plain

 

メーターも非常にユニークです。

ワンメーターで、左の針がスピード、右の針がタコメーターですね。

 

f:id:kokubu_ou:20161214162538j:plain

 

リアシートは左右独立でスライドできるので、コンパクトカーのなかでは広いと言える

レベルでしょう。

 

f:id:kokubu_ou:20161214155248j:plain

トランクルームも四角いデザインで、無駄がなく大きく使えます。

また、最近のハッチバック車にはなかなかついていない

トノカバー(トランクルームの上フタ)

が私的には高得点ですw

これがあると、カバンなんかをトランクルームに置きっぱなしにしてもガラス越しに見えないので、防犯上少し便利なんですよね。

 

コンパクトSUVのデザイン性が欲しいだけならオススメの車

最近のコンパクトSUVの人気の秘訣はハイブリッドエンジンやクリーンディーゼルエンジン搭載といった燃費の良さにもあります。

イストのエンジンは1.5Lと1.8Lの2種類があって、1.5LにはCVT、1.8Lには4ATが組み合わされます。

3ナンバーとはいってもヴィッツベースのコンパクトカーですから、燃費を優先させるなら1.5Lで十分なパワーがあると言えるでしょう。

肝心の燃費ですが、下記サイトで調べて見ると、12~13km/Lといったところでしょうか。

ひと昔前の車ですが、決して悪い燃費ではないでしょう。

e-nenpi.com

 

以上、SUVデザインでなおかつハイブリッドやクリーンディーゼルといった燃費性能を求めているのであれば最近の人気車を買うしかないと思います。

流行りのSUVデザインに割安で乗ってみたいという人にとってイストは十分に雰囲気を味わえる最適な中古車と言えるでしょう。

 

 

欲しい不人気車が見つかったら『無料』でプロに手伝ってもらいましょう▼

>>流通前の中古イストを探す方法