不人気車に愛を。

みんなには愛されないクルマたちを愛するブログ

スポンサーリンク

第15回:私はお勧めしない不人気 ミツビシ eKワゴン(2代目)

f:id:kokubu_ou:20161014105154j:plain

ミツビシ eK(82系)

中古車相場:15万円~89.7万円

平均45.1万円

(2017年2月調べ)

 

 

 

▼不人気車の買い方、売り方の記事▼

>>流通前の中古eKワゴンを探す方法

>>車の乗り換え前に必読すべき記事

>>買取0円の超不人気車はどうする?

 

 

ミツビシの車について、いくつかコメントをいただきましたのでミツビシにおすすめできるような不人気車を考えてみました。

以前から各メーカーより不人気車を選出するべく考えてきましたが、ミツビシ車は悩みどころでありました。

なぜ悩んでいたかというと、基本的にこのブログでは

『不人気だけど実はお買い得な良い車』

を紹介して行こうと考えています。

 

ですが、ミツビシ車は新車販売台数が少なく、車種バリエーションもあまりないので中古車市場では数が少なく、需要と供給のアンバランスによる値崩れが起きていない事と、オススメできるようなポイントを持った不人気車がなかったからです。

 

 

ミツビシの人気新車なら確かに買いどき

確かにミツビシの車が欲しくて、新車であれば今が買いどきかもしれません。

私の友人の中でも燃費試験問題直後に来客が激減したディーラーへ行き、デリカD:5をかなりお買い得な条件で購入した人もいました。

しかし、デリカD:5は人気車ですし、新古車や中古車の価格は高値を維持しています。

不人気中古車で例を挙げると、2012年に復活したミラージュです。

間違いなくミラージュは不人気車です。

 

しかし、以前ご紹介した同じタイ生産のニッサン マーチと性能や利便性を比べると大差がないですし、マーチのほうが中古市場では過剰供給状態にあり、価格が安いので、どちらを勧めるかといえばマーチの方をお勧めします。

 

度重なる不祥事

また、燃費試験の不正問題は記憶に新しいですが、もっと重大な事件があったことを忘れてはいけません。

三菱リコール隠し - Wikipedia

三菱自動車・3G83エンジンに関する問題 - Wikipedia

リコール隠しは運転する人だけではなく歩行者の命まで奪ってしまいました。

ミツビシがこの時になくしてしまった信用はなかなか取り戻せるものではありません。

その上でさらに燃費試験問題。

結果こんな閲覧が中止されまくっているメーカーサイトを見てもあなたは大切な友人や家族にミツビシの車を勧めるでしょうか?

カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

なので、私は基本的にミツビシの車は新車、中古車共に勧めたいとは思いませんが・・・

 

 

とにかく不人気車を探してみた

今回の記事はミツビシの中でも不人気という点にフォーカスすると、どの車か?
という視点でご紹介するのが

二代目(H82W型) eKワゴン

特にスライドドア付き車です。

 

 

スライドドアの利点?

不人気ポイントは何と言ってもスライドドアでしょう。

スライドドアの利点は開口部が広く、乗り降りがしやすかったり、大きな荷物の積み下ろしに便利なことでしょう。他には後部座席で子供が寝てしまった時に抱きかかえて下ろしたりする時にも重宝します。

ですがeKワゴンのスライドドアは狭いです。

580×1226mm(開口幅×開口高)

全高1550mmと立体駐車場を意識したサイズですが、相まって狭いです。

そして片方にしかついていないです。

 

f:id:kokubu_ou:20161014105200j:plain

 

開口幅だけで見ればスズキ スペーシアと変わりませんがスペーシアは全高が高く、リアシートもスライドできるので開口部が広く使えます。

ピラーレスのダイハツ タントや開口幅が640mmもあるホンダ N-BOXとは比べるまでもありません。

スライドドアはモーターなどの構成する部品から考えても重くなります。

それが片方にしか付いていないのですから左右バランスが悪いのは容易に想像がつくと思います。

左右バランスが悪いということは元々軽量な軽自動車にとっては走行に影響するということです。

足回りがしっかりしているうちは問題ないと思いますが、サスペンションがヘタってくると高速走行時にふらついたりする可能性はあります。

 

さらに言うとスライドドア側の窓の開閉ができない。

給油口も何故かスライドドア側に配置されているので給油中は開くことができない。

という地味に不便なデメリットもあります。

 

スライドドアがついているメリットは電動なら運転席から後部座席のドア開閉がボタン一つで出来ることぐらいでしょうか。

 

他には特に悪い点もなく、普通のトールワゴンと言えるでしょう。

その点からいってもヒンジドア版を含めてeKワゴンよりも同年代のホンダ ライフやゼスト、ダイハツ ムーブといった車のほうが中古市場で数が多く、価格的にも魅力があります。

 

どうしても低価格でスライドア車が欲しい、とかミツビシが好きだと言う人には止めはしませんが、やはりお勧めはしません。

 

スポンサーリンク

 

欲しい不人気車が見つかったら『無料』でプロに手伝ってもらいましょう▼

>>流通前の中古eKワゴンを探す方法