不人気車に愛を。お買い得車には感謝を。

みんなには愛されないクルマたちを愛するブログ

不人気車に愛を。お買い得車には感謝を。

スポンサーリンク


▲車検証、保険証券をお手元にご用意下さい▲

 

 

第14回:1台3役は欲張りすぎの不人気車? ダイハツ キャスト

f:id:kokubu_ou:20161026101443j:plain

ダイハツ キャスト

中古車相場:74.8万円~179万円

平均120.8万円

(2017年2月調べ)

>>流通前の中古キャストを探す方法

>>最高額で車を売却する方法

 

 

今回はまだまだ発売されて時間の経っていない車、ダイハツ キャストです。

ここ最近のダイハツは不発続きで不人気車の宝庫になってきていますが、実際中古車市場で未使用車、新古車としてお買い得価格になってきているがキャストです。

 

シリーズは3種類!どれもどこかで見たような・・・

キャストには

  • 『キャスト スタイル』
  • 『キャスト アクティバ』
  • 『キャスト スポーツ』

大きく分けて3種類の外観がある軽自動車です。

 

『キャスト スタイル』

f:id:kokubu_ou:20161014105547j:plain

どう見てもホンダ N-ONEを意識したのでしょう。

結果的にBMW ミニあたりの面影もあります。

 

 

『キャスト アクティバ』

f:id:kokubu_ou:20161014105558j:plain

どう考えてもスズキ ハスラーの後出しジャンケンです。

でも思い通りにはいかなかったようです。

 

 

『キャスト スポーツ』

f:id:kokubu_ou:20161014105606j:plain

カラーリングはスズキ アルトターボRSを意識したのでしょうか?

アルトターボRSもフィアット500アバルトイメージですから、おのずと似てきてしまっていますよね。

 

とまぁ、デザインでは1台3役をこなそうとしたようなのですが、この点が不人気につながったんだと思います。

そうですね。不人気車の共通キーワード「中途半」です。

キャストのボディは3役をこなす為なのか丸く、大きなイメージになっているので、N ONEやハスラー、アルトターボRSの持つ軽快感が無いという点が否めません。

 

軽自動車は『燃費の良い車』というイメージがあり、そこに需要があるのです。

見た目が大きく見えてしまうと、「燃費が悪そう」に見えます。

実際にもハスラーとキャスト アクティバを比べてみてもターボ無しのFF車の場合40kgもキャストは重いですし、JC08モード燃費では約2km/Lの差が出ています。

とは言え、実質的な重量や燃費を気にする人はそこまで多いと思えないので、やはりこの車の最大不人気ポイントは重そうに見える外装デザインだと言えるでしょう。

 

 

充実した機能

そんなキャストですが、すこーし購買意欲のツボを外しているだけで基本的には魅力的な最新の軽自動車です。

  • オートエアコン
  • 広い室内、荷室
  • スライドできるリアシート
  • 質感の高い内装
  • タコメーター(エンジン回転計)が付いたメーター

 

f:id:kokubu_ou:20161014105621j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20161014105628j:plain

など、ココも不人気車の共通点で内装装備は軽自動車にしてはかなり豪華と言えるでしょう。

そして、最近では必須の衝突回避支援ブレーキ機能などの安全機能を備えた『スマートアシストII』を装備(一番下位グレード Xのみ装備されていません)しています。

渋滞時の追突防止に役立ちますので通勤、通学に使おうという人には安心な機能です。

 

未使用車が狙い目

軽自動車は未使用車が多いです。

未使用車はディーラーなどの販売店が販売台数を伸ばすために、帳簿上売れたことにしている車です。

また、業者間でまとめ売りなどが行われ、登録後店頭に並んでいる車です。

なので実質ほとんど新車です。

 

この未使用車価格が安いだけではなく、登録されているので車検費用が必要なく、諸経費が安いことが多いです。

キャストの中古車を探してみるとこの未使用車がたくさん見つかるはずです。

中には諸経費含めて100万円強なんて車輌も見つけることが出来ました。

 

特にキャスト アクティバはライバル車であるハスラーと比べると価格差が大きいので、ハスラーのある程度走った中古車よりもキャスト アクティバの未使用車のほうが安く購入することも出来ます。

購入してからの維持費も同じ軽自動車ですし、価格差を考えれば燃費も気にするほどのことではないでしょう。

 

また、今のところまだ値段は高いですが、アルトターボRSと比べるとキャストスポーツはパドルシフトが付いています。

この点は価格差が下がってくればセカンドカーとしての価値が上がってくるでしょう。

見た目以外の欠点はこれといって見当たらないので、かなりお買い得車と言えるのではないでしょうか?

 

ただし、手放すときに買取価格が下がっている可能性はあるので、長く乗ることを考えておいた方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

欲しい不人気車が見つかったら『無料』でプロに手伝ってもらいましょう▼

>>流通前の中古キャストを探す方法